5月末からの任天堂権利関係問題のまとめはこちら

ホロライブ任天堂権利関係問題を振り返ってまとめてみた



・今回の発端

7月の終わりに大神ミオさんの「ゴーストトリック」がカプコンによって権利者削除をされ配信権限剥奪
これを皮切りに、ホロライバーたちのアーカイブが次々と非公開になっていった。

【ホロライブ権利関係ガバガバ問題】戌神ころねさん、兎田ぺこらさん、大空スバルさんらのカプコン動画のアーカイブ非公開&削除祭り

【ホロライブ権利関係ガバガバ問題】大空スバルさん、アトリエに続き任天堂のアーカイブも非公開に。ぺこらさんところねさんは動画の大半が見られなくなる

【悲報】ホロライブさん、また無許可配信してしまい動画削除祭り



・カバーの声

ホロライブは6月にも任天堂をはじめとするゲームの無許可配信で炎上していたため、今回はカバーも即座にアーカイブ非公開の理由を発表。

【ホロライブ権利関係ガバガバ問題】運営のカバー株式会社がアーカイブ非公開の理由について声明を出す



・ライバーたちのツイート

突然の権利者削除とアーカイブの非公開で不安になるファンたちを安心させようと、また今の率直な気持ちを正直に綴るなど、ライバーたちによるツイートが次々に行われた。

【ホロライブ権利関係ガバガバ問題】不知火フレアさんや大神ミオさんがファンを安心させようとツイートする。素晴らしいがその説明はカバー公式が出すべきでは…?

【ホロライブ権利関係ガバガバ問題】ときのそらさん「すべての動画が一旦消されていることは混乱していて納得ができていない」

【ホロライブ権利関係ガバガバ問題】ライバーたちのツイートに様々な意見。基本的に彼女たちも被害者だと思うけど…



・大神ミオさんの1か月の活動休止で決着

権利者削除とアーカイブ非公開から約1週間がたち、カバーが大神ミオさんの活動休止理由を著作権の侵害のためだと説明。また彼女の活動休止は約1か月とも告知する。任天堂の騒動があったにも関わらず、2か月と経権利関係問題を起こした
たずに今度はライバーの活動に影響が出るカバーに対する非難や、大神ミオさんだけが罰を受ける形になった事に不満の声もあったが、一応この声明で騒動は終息した。またこの後ゲーム実況の権利関係を明文化する流れが広がっている。

【ホロライブ権利関係ガバガバ問題】カバーが大神ミオちゃんの著作権違反での活動休止を発表。「運営のミスを押し付けるな」「なんでミオだけ…」との声も

【ホロライブ権利関係ガバガバ問題】ミオが著作権でBAN休止なのに、ころねの冒険はセーフなのか…

【悲報】ホロライブVtuberが謝罪、配信休止へ… お前らのせいやぞ



他にも某界隈の人気者たちもできる著作権も確認することができないホロライブだとか、動画の再生数が-4500万になったライバーいるとか、いろいろ言われた。