同人速報

同人誌、同人作家を中心にまとめていきます。

    「http://Amazon.co.jpアソシエイト」に参加

    クリエイター

    1: 同人速報 2020/06/09(火) 10:57:39.61 ID:KwYcmNaZd
    先週末、J.K.ローリングはTwitterに「新型コロナウイルス後の世界を、月経がある人にとってより平等なものに」という記事をシェア、こうコメントした。
    「”月経がある人”。昔はこの人たちを指す言葉があったはず。誰か教えて。ウンベン? ウィンパンド? ウーマッド?」。
    月経がある人を「ウィメン」と書かないことを揶揄している。

    このツイートはすぐに大炎上。
    トランスジェンダーを否定していると批判する声が殺到した。
    すべての女性に月経があるわけではなく、例えばトランスジェンダーの女性には月経はない。
    トランスジェンダーの男性なら月経のある人もいる。
    「生理がある=女性」ではないと指摘する書き込みが相次いでいる。

    2: 同人速報 2020/06/09(火) 10:57:57.86 ID:KwYcmNaZd
    ローリングはこれに反論。
    「もし性別がないのであれば同性に惹かれることもなくなるし、今世界中にいる女性たちの現実が失われてしまう。
    私にはトランスジェンダーの知り合いもいるし愛しているけれど、性という概念を消してしまったら人生について意義のある話し合いをする力も失われてしまう。
    真実を話すのはヘイトスピーチではない」とツイートしている。

    批判の声は過熱する一方。
    リアリティ番組「クィア・アイ」に出演しているトランスジェンダーのジョナサン・ヴァン・ネスも抗議、
    「トランスの女性も女性。トランスの黒人もトランスの非黒人も日々差別を経験し、命を落としている。
    私たちは今黒人とトランスの人のために闘っている。それなのにあなたはこういうことを言うわけ?」とツイートしている。

    ローリングといえば、子どもたちにも大きな影響力を持つ人気作家。
    彼女がLGBTQ+コミュニティをどう受け入れ、表現していくのかには以前から大きな注目が集まっていた。
    今回の発言にトランスジェンダーの子どもを持つ親からの失望の声も上がっている。
    これまでも度々、トランスジェンダー に関して否定的な発言を繰り返してきた彼女がこれからジェンダーやセクシャリティの多様性をどう受け止めていくのか、それともこのまま変わらないのか見守りたい。

    https://www.elle.com/jp/culture/celebgossip/a32804188/jk-rowling-200609/

    【ハリポタ作者Kローリング「生理の無い女は女じゃないよw」とトランス差別発言で炎上】の続きを読む



    【twstトレパクイラストを投稿してしまったぶたごりらさんが謝罪。アカウント削除とSNSを今後二度と行わないと述べる】の続きを読む

    1: 同人速報 2020/06/08(月) 14:19:36.17 ID:6LiK16mF9
    元TBS記者の山口敬之さんから性行為を強要されたとして民事訴訟を起こし、一審で勝訴したジャーナリストの伊藤詩織さんが6月8日、記者会見を開いた。

    SNS上で事実に基づかない誹謗中傷の投稿により精神的苦痛を受けたとして、漫画家のはすみとしこさんら3人に対し、損害賠償や謝罪広告の掲載を求める民事訴訟を起こしたと明らかにした。東京地方裁判所に同日付で提訴した。

    伊藤さん側の主張によると、2015年4月、当時、TBS・ワシントン支局長だった山口さんと就職相談のために会った。東京都内で食事をすると、2軒目の寿司屋で記憶を失い、痛みで目覚めた。

    そして、山口さんが宿泊していたホテルのベッドで、避妊具をつけずに性行為をされていることに気づき、その後も体を押さえつけるなどして性行為を続けようとされたという。

    これに対し、性行為は「合意のもとだった」などと反論した山口さんは、名誉毀損やプライバシーの侵害を訴えて反訴。

    しかし、2019年12月18日の判決では、裁判所は伊藤さんの供述が、山口さんの供述と比較しても「相対的に信用性が高い」とし、山口さんが伊藤さんに330万円を支払うよう命じ、山口さんの反訴を棄却した。

    山口さんはこの判決を不服として、2020年1月6日、東京高等裁判所に控訴している。

    訴状によると、被告ははすみとしこさんら3人で、2017年に顔と名前を公表して自身の被害を訴えた後、誹謗中傷の投稿がされるようになったと主張。

    3人に対し、計1250万円の損害賠償とともに、それぞれ該当するSNSでの投稿を削除し、はすみとしこさんには謝罪広告を掲載するよう求めた。

    Twitterより
    伊藤さん側が名誉毀損であると訴えている投稿につけられたイラスト
    訴状などによると、はすみとしこさんは使用しているTwitterのアカウントで、伊藤さんが「枕営業をした」と示唆するようなツイートをしたという。

    イラストも投稿し、そこには「枕営業大失敗!!」の文字とともに、左胸に「山口」と記載された白いシャツを着た女性が描かれていた。その女性が持つスマートフォンには「昨夜はおつかれさま」「おつかれさま。あんなに吐いて大丈夫だった?」「もう大丈夫です。Tシャツ洗ってお返ししますね」 などと示されていた。

    Twitterより
    伊藤さん側は、「顔と実名をあきらかにして社会に向けて被害を訴えた原告に対して、その訴えを精神障害からくる虚言、いわゆる『枕営業』の失敗から来る逆恨み、金銭目当ての虚偽と愚弄し、本件判決を偽りの涙を流して勝ち取ったと断じるもので、その内容は極めて悪質です」とし、性被害に続く二次被害(セカンドレイプ)であると訴えている。

    そのうえで、伊藤さんがこれまでに主張してきた内容に虚偽はなく、東京地裁が「勝訴」という形で主張を認めているとし、該当するはすみとしこさんの投稿はいずれも「公益を図る目的があったとは認められない」としている。

    Twitterより
    はすみとしこさんのイラスト
    訴訟を起こしたのは、はすみとしこさんに5月14日付の内容証明郵便において、今回と同じ請求をしたところ、かえってTwitterやYouTubeで伊藤さんを揶揄する言動を繰り返しているためだという。

    一方で、他の被告の2人は、伊藤さんを誹謗中傷する内容の投稿を複数回リツイートやいいねをしており、「自身のフォロワーに対し、当該元ツイートの内容に賛同する意思を示して行う表現行為と解するのが相当」で「社会的評価の低下、原告の名誉感情の毀損についても責任を負うべき」などと訴状に記載されている。
     ◼以下全文
    https://www.buzzfeed.com/jp/kensukeseya/shiori-ito-13

    【伊藤詩織、漫画家はすみとしこら3人を名誉毀損で提訴。リツイート者も対象】の続きを読む

    コメント 2020-06-08 131337


    【VTuberの叡智絵にハッシュタグをつけてまわるアカウントが出現。絵師たちはスパム報告をするよう呼びかける】の続きを読む

    1: 同人速報 2020/06/07(日) 14:37:25.11 ID:Dn1j42s60
    震えるわ…
    no title

    【【速報】バンクシーさん、さっそく黒人差別風刺画をアップ】の続きを読む

    このページのトップヘ