同人速報

同人誌、同人作家を中心にまとめていきます。

    鬼滅の刃

    1: 同人速報 2021/02/16(火) 16:49:05.44 ID:YVgmaU5o0● BE:928139305-2BP(2000)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    人気アニメ『鬼滅の刃』のテレビシリーズ第2期となる
    「遊郭編」が年内に放送されることが発表され、
    一部ネット上からはある懸念が物議を醸している

    「実は、一部ネットユーザーから『子どもに遊郭を
    説明できない!』『遊郭がどんな場所でどんな悲劇
    があったのかを分かっていたら題材にふさわしくない
    ことは明らか』『子どもも見るアニメで遊郭を美化す
    るのは不適切』といったクレームが来ています。

    劇場版後にこの遊郭編が描かれることは、
    原作の流れから多くの人が予想していましたが、
    同時に子どもにも人気のアニメで遊郭をどう描くか
    については、発表前から一部で議論の対象となって
    いました。今や、未就学児でさえ夢中になっている
    作品ということもあり、懸念が飛び出してしまったようです」

    しかし、一方ではこうした批判に対し、ネット上からは
    「むしろ文化や歴史を学ぶいい機会になるのでは?」
    「それを言ったら漫画や小説なんて何も読めない」
    「実際に遊郭はあった場所なんだから、なかったこと
    にする方がおかしい」といった反論も多数上がっている。

    「元々、劇場版も『PG12』指定が付けられており、
    12歳未満の鑑賞は保護者の助言や指導が求められ
    ていた作品。第2期も多くの子どもが視聴することが予想され
    、親世代からはすでに、『遊郭で何が行われてるかの描写は
    原作にもないし、生々しく説明する必要はない』
    『綺麗な女の人が集まって働いてた場所とだけ説明した』
    という対処法も上がっていました」

    子どもにも人気の作品だからこそ出てしまったさまざまな声。
    とは言え、放送を心待ちにするファンの声の方がより多く聞かれていた。
    https://news.livedoor.com/article/detail/19705134/

    【『鬼滅の刃』待望の遊郭編新作発表も、「遊郭」を子供にどう説明すればいいんだと親からクレーム多数。一部では「またフェミか」との声もあるが】の続きを読む

    1: 同人速報 2021/02/05(金) 17:09:16.91 ID:g8J8W8dc0
    https://news.yahoo.co.jp/articles/255e4012d4899c1c280168b47a7d0923f2c47b9e
    記録づくめの“ドル箱”作品なのに、アニメ化されているのはまだ全体の3分の1ほど。
    すでにプロジェクトが進行しているのかと思いきや、一筋縄ではいかないようで……。


    「“吉原遊廓編”の次は“刀鍛冶の里編”という炭治郎が所属する“鬼殺隊”の武器を作る土地を舞台にした物語。
    ストーリー的には問題ないのですが、この話には人気キャラクターの我妻善逸や嘴平伊之助が、まったく登場しないんです」(漫画雑誌編集者)

     昨年秋に『週刊少年ジャンプ』で発表されたキャラクターの人気投票では、善逸は1位、伊之助も6位と多くのファンから支持を集めていることが証明された。
    彼らを1シーンでも多く登場させたいという思いは、わからなくもない。

    「フジテレビを含め制作側はストーリーの変更や、彼らの追加エピソードが作れないかを原作者側といろいろ調整しているそうです。
    映画が公開して半年もたっているのに続編の情報が出せないのは、こういった事情があるからなんです」(映画配給会社関係者)

    「近年、視聴率の低迷が続くフジですが、昨年10月に2週にわたってゴールデン帯で『鬼滅の刃』を放送したところ、世帯視聴率はどちらも15%超え。
    12月10日には『M-1グランプリ』と同時間帯の放送だったにも関わらず『鬼滅の刃 柱合会議・蝶屋敷編』が、14%という高視聴率を記録しました。
    ここまで数字を稼げるコンテンツですから、フジとしてはなんとか地上波のアニメで続けていきたいんですよ」(アニメ制作会社関係者)

    問題は山積みだが、制作スタッフたちは 解決に向けて“全集中”してほしい!

    【【鬼滅の刃】2期をゴールデンで放送するために原作改変をするのではという"関係者"の話が噂になるが、フジテレビ側は「そのような(調整の)事実はございません」とのこと】の続きを読む

    1: 同人速報 2021/01/28(木) 08:24:02.57 ID:bSaG+Sg00
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17760339/
    ーそうして生まれたのが、前身である『鬼殺の流』ですが、連載会議では残念ながら落選。主人公は盲目、隻腕、両足義足という設定で、「世界観のシビアさと主人公の寡黙さ」が落選の理由だったと公式ファンブックで語られていました。

    そうですね。ただ、読みやすくなったと世界観に対する一定の評価は得ていて。あとは主人公のキャラクターだと。

    『HUNTER×HUNTER』は変わったキャラクターがたくさん出てくるものの、主人公のゴン(=フリークス)は普通の人。だからこそ読者も感情移入しやすい。そして、ゴンが中心にいると他のキャラクターの面白さが引き立つんだ、というものです。

    吾峠先生も同じで、中心に普通の人を置いて、周りに異常性のあるキャラクターを配置するとちょうどいいのではないかと。そこで生まれたのが炭治郎でした。

    【【悲報】鬼滅の作者さん、盲目隻腕両足義足の主人公を五体満足の凡人に変更するよう強要されてしまう】の続きを読む

    1: 同人速報 2021/01/03(日) 08:15:13.04 ID:CAP_USER9
    1/3(日) 0:48配信
    オリコン

    花澤香菜(『第32回東京国際映画祭』レッドカーペットで撮影) (C)ORICON NewS inc.

     声優の花澤香菜が、2日深夜に放送されたバラエティー番組『太田伯山ウイカのはなつまみ』(テレビ朝日)にゲストMCとして出演。人気アニメ『鬼滅の刃』で柱の1人であるキャラクター・甘露寺蜜璃(かんろじ・みつり)役を務めているが、昨今の「鬼滅ブーム」に悩んでいることを話した。

    【動画】晴れ着姿で新年のあいさつ!人気声優の花澤香菜

     その悩みとは「最近、いろんなところで『鬼滅の刃 出演声優』と紹介されることが増えていて、とてもありがたいのですが、私はまだ、そこまで出番がないので…」と告白。

     『鬼滅の刃』作品自体は人気だが、自身が演じたキャラクターの恋柱・甘露寺蜜璃は、アニメ本編で、まだ露出が少ないことから、「(キャラは)今後出てくるのですが『あいつ、なに、胸を張ってテレビに出ているんだ』と思われそうで…」「せりふ数的には数える程しか喋っていないので…」と複雑な心境だと打ち明けた。

     そんな悩む花澤に、『鬼滅の刃』ファンだという太田光は「あれが(せりふが)すごいインパクト」などと好きな出番ながら印象的なキャラだったと話すと、「本当ですか!? ありがとうございます」と話した。

     花澤はアニメ『化物語』など「<物語>シリーズ」の千石撫子役、『3月のライオン』川本ひなた役、『五等分の花嫁』の中野一花など多くの有名作品に出演している。

    no title

    https://news.yahoo.co.jp/articles/3ea49b30c750eef201ed2d52bd6b33a6025049b6

    【【鬼滅の刃】花澤さんや浪川さんが『鬼滅声優』と呼ばれ、以前からのファンのオタクたちがもにょる気持ちもわかる】の続きを読む



    【【鬼滅の刃】久咲まいさん、あんずさんに恋柱・甘露寺蜜璃のイラストをトレパクされる】の続きを読む

    このページのトップヘ